ホーム » 健康 » あまりにも毎日おなかが痛いのでいろいろ試した話、の巻

あまりにも毎日おなかが痛いのでいろいろ試した話、の巻

毎日おなかが痛い。どう考えても胃腸がおかしい。

治すためには、結局「よい食事」「よい睡眠」「よい運動」で「ストレスをためないこと」しかない。「ストレスをためないこと」は単独では難しいので、まずは「よい睡眠」「よい運動」に取り組むことにした。

よい睡眠・・・枕を変え、寝具を変え、睡眠時間をだいたい8時間くらいにした(23時就寝7時起床)。夜食も絶ち、寝る1時間くらい前は電子機器の刺激も極力避けるようにした。確かに頭はすっきりした。脳の疲労は確実に減衰。ただ、おなかは痛いままだ。

よい運動・・・水泳をはじめた。無心で泳ぐ。サイクリングもはじめた(電動自転車だが)。数駅分くらいの距離をできるだけ往復して移動するようにした。無心で漕ぐ。確かに頭はすっきりした。脳の疲労は確実に減衰。ただ、おなかは痛いままだ。

残るは「よい食事」である。玄米食など低GI食品の摂取、野菜から食べ始めることの励行(血糖値を上げすぎない)。夜は冷たい飲み物ではなく、できるだけ暖かい飲み物(ルピシアにハマっているのだ)で体を温める・・いろいろとためしてみた。ただ、おなかは痛いまままだ。

これは根本的に腸内環境を整えなければならない。疲れやすいのも花粉症がひどいのも、どうも腸の機能が原因のような気がしてならない。

・・ということで、「善玉菌カモン!栄養も補給するぜ作戦」をスタートすることにした。

飲みだしたのは「プロバイオティクス」の善玉菌製剤と、「プレバイオティクス」の(善玉菌への)栄養剤だ。
具体的には、「新ビオフェルミンS」「強ミヤリサン」そして「エビオス」である。

ビオフェルミンはご承知の通り、「乳酸菌のくすり」の代表格のようなものである。
●小腸に棲みつくアシドフィルス菌は、乳酸を生成し、悪玉菌の増殖を抑制。
●同じく小腸に棲みつくフェーカリス菌。腸内フローラの安定化に寄与。
●そして大腸に棲みつくビフィズス菌。乳酸と酢酸を生成し、悪玉菌の増殖を抑制。
こうして書いているだけで、おなかの痛みが吹っ飛びそうである。

続いてミヤリサン。よく、胃腸科で処方される薬に「ミヤBM」「ラックビー」というのがあるが(腹が弱い人にとっては聞きなれた薬だろう)、「ミヤBM」の「ミヤ」が、「ミヤリサン」の「ミヤ」である(ちなみにラックビーは「ラクトミン(乳酸菌)」である)。
「ミヤリサン」は、「宮入菌」という酪酸菌の製剤で、1933年に千葉医科大学(現・千葉大学医学部)の宮入博士が発見した日本発の善玉菌。抗生物質や胃液にも耐える強さを持ち、さらに腸の中で増殖し、酪酸を産生すると特徴がある。この酪酸は腸自身のエネルギーとなるだけでなく、腸内フローラの安定化に寄与しているとても素敵な菌なのであった。

ビオフェルミンとミヤリサンを併用することで、おなかに継続的に善玉菌を補給し続けよう、という作戦である。

さて。さらにそこにパンチパワーを加えたい。胃腸の調子を整える&栄養補給をするサプリメントといえば、ビール酵母の「エビオス」である。なんと2020年で発売90周年という超ロングセラー商品でもある。40種類の栄養成分(ビタミン、アミノ酸、ミネラル、食物繊維など)が含まれるという。

ちなみに今、1回の食事で16錠の薬を飲んでいる。エビオスが1回10錠という初見殺しのパンチを利かせているので、どうしてもこうなってしまう。

毎回のどにつかえる量だ。事情を知らない人からみたら、「え?ちょっと大丈夫?」的な量である。繰り返すがこれ、1回の量だ(つまり1日で48錠ということ)。

***

これらを飲み始めてから3日ほどたった。あれほど毎日ゆるかったおなかが、どうだろう。ゆるくなくなった。そして・・・おなかが痛くない!!! おなかが痛くないよ!!!!!

・・と、数日だけではプラシーボないしは偶然の可能性もあるので、もう少し続けてみよう。何となくいつもおなかがいっぱいな気持ちがするのは・・・気のせいかな。それとも効いているのかな?

でもとにかく、「おなかが痛くない」のは事実。「おなかが痛くない」って快適だなぁ。やっほう!

ではまた。
(私は医学専門家ではありませんので、個人の感想としてご覧ください)