カテゴリー: 雑話

ジムをやめた話

8月中旬に入会したジム(最近流行の24時間無人型)を退会いたしましたので謹んでご報告申し上げます。

最初のうちは、毎日のように行っていたわけです。しかも朝6時台に。特にエアロバイクにハマり、『高木さん』とか『プリキュア』のアップテンポな曲なんか聞きながら毎日20分くらい走り続けていたわけです。もうね、健康そのもの。

ウエストも減り、体力もついてきて、おまけに仕事前の憂鬱な気持ちも吹き飛んで、いいことづくめだなぁ・・と思っていました。ときに『スマホ脳』で有名なアンデシュ・ハンセン先生の『運動脳』なんかも読んでいたので、「こりゃあ、いい」・・と思っていました。

ただ、急に走らなくなってしまったんですよね。まず、秋が深くなり、布団が恋しい季節になって朝起きられなくなった。急に涼しくなったうえに、運動後に必要とされる「ストレッチ」なんかが面倒で運動後もそのまま生活していたのがたたり、おまけにテレワークも重なって、ひどい腰痛になった。さらに、通っているジムのアプリがアップデートされて、今まではカレンダーに「ジムに行った日」が表示されたのが消えてしまって、急にモチベーションがなくなった(これは言いがかりですが)。そして何より、数か月運動したところで大して体重も体脂肪率も変化しなくてつまらなくなった。

まあ、これらの複合要因が重なって(これを4文字で「わがまま」という)、寒い中ジムに通うという意義が見いだせなくなってしまったわけです。好きだったら続くのでしょうが、そもそもそんなに好きではなかった、ということなのでしょうか。

こういう時、「ペースメーカーになる人がいると続いたかもしれない」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、世の中には「プライベートくらい、誰からも指図されたくねぇ」という人もいるのですね。もしパーソナルトレーナーがついているとしたら、そもそも私はジムに行っていないのです。「無人」かつ「いつでもいける」からこそ「24時間のジム」を選択したのであって、「有人」で「時間が決まっている」としたら、そもそも選択肢に入っていない-というところに、この問題の根深さがあるわけです。

ひとたび楽を覚えてしまうと、もう二度と、「朝6時にエアロバイクを漕ぐ」というプレイをしようという気持ちになりません。気持ちよく汗をかいて、「よし、今日も1日がんばるぞ」と思っていたあの清々しさはなんだったのかというくらい、今となってはただただ「面倒くさい」しかありません。おそらく、1度としてランナーズハイも起こらなかったとみえて、特に中毒性のある気持ち(走らなければ気が済まない)はまったく惹起されていません。

あのときの燃え上がる「ジム熱」はなんだったのでしょうか。

===

ちなみに、行かなくなった時の最適解は、「いつかいくだろう」と入会したままにするのではなく、「すぐに退会すること」だと私は思います。お金をドブに捨てるような行為だからです。「お金を払っていれば、いつかもったいないから再開する」ということはまずないですし、「急に再開したくなった時に(場合によってはもう一度入会金を払うので)困る」ということもありません。

これはあらゆるサブスクリプションサービスに言えることですが、1度習慣が崩れると、それを立て直すのは並大抵のことではありません。ダラダラとお金を払い続けるのだけはやめたいものです。未練がましくサンクコストに縋るのではなく(そもそも積みあがってすらいない)、「やる気がなくなったら、やめる」というのでいいのです。仕事じゃないですからね。

・・・と、やめておいて偉そうにどの口が言うんだという話でした。

デスクトップ談義

これが私の普段使っているPCのデスクトップ(Windows11)です。これはシンプルなのか、狂気なのか。

いっとき断捨離ブームのときに、家に何もない状態で生活をしている、という画像をよく見かけましたけれども、あのときに「モノがなさすぎる怖さ」みたいのを感じたのは私だけではありますまい。ただ、少し気持ちはわかるんです。「こんなに何もない状態をみて!」という、ある種の承認欲求がそこに潜んでいるということを。こうやって画像を挙げているのも、どこかで「こんなにシンプルなデスクトップを使っているワタクシすごい」的な自己顕示欲があるのでしょう。

さて、何事も極端(0か100か)というのは危険で、精神的な「病み」と紙一重だったりします。ぐちゃぐちゃでどこに何があるかわからないくらいカオスな机(部屋)というのもまあ病的ですが、一方で「何もなさすぎる机(部屋)」というのも、結構精神的にはクるものがあります。

私も、会社の机がフリーアドレスになるのを契機にめちゃくちゃ断捨離して、ロッカーすらスッカスカみたいな状態にしたことがあったのです。途中から片づけるのが愉しくなってしまって。「モノを持たないで平気な自分」を途中から演出していましたからね。欠乏や飢餓感ではなく、むしろ「モノを持たないという意味での物欲」に触れてしまったとでもいいますか。逆説的だなぁ。で、結局半年もしないうちにすっかり頭がおかしくなりましたからね。適応障害でダウンしたのです。原因の1つは、「身の回りの物を片付け過ぎた」ことにあるのではあるまいか。うむ。そうに違いない。

ですから、適度に散らかっていて、適度に片付いているくらいがちょうどいいのだろうな、と頭がもとに戻った今では思います。

・・・と、これは私の場合。散らかすなり、片づけるなり、まあ自由にやればいいと思います。

最近の驚きを綴る

最近びっくりしたことがあります。

まず22年度下半期(※はじまったばかり)で一番驚いたこと。

かつての東芝ノートPCの代名詞「Dynabook」が、「Dynabook株式会社」に移管されたことは知っていたのですが、その「ダイナブック」が、実は今、SHARPの子会社になっていた(2020年から)いうことです。いやぁ、これは驚いたなぁ。

次に驚いたこと。

「鉄道150年」ということもあって、最近鉄道に関する書籍を読んだのですけれども。日本の「電化率」というのがあって、それがJR(旧国鉄)でだいたい50%くらい(新幹線を含む)、私鉄を入れても60%くらいだということです。8割くらいいっているんじゃないかと思っていましたよ。

都市部に住んでいると「日本中に電車が走っている」と錯覚しがちなのですが、実は「気動車」も相当なボリュームで走っているというのが現状のようです。これもたまげたなぁ。