「ドラえもん」世界へ興味を持った方への参考文献ガイド

トップページへ


0.このページは?

このサイトを見て、「ドラえもん」をもっと知りたいと思ってくださった方への参考文献ガイド(広告なし)です。すべて小学館など、版元の公式文献を、順番にご紹介していますしかも、読んでいくと理解が深まる順番にしています。あくまでも「はじめて」ドラえもん世界の奥深さに興味を持ち、「もっと知りたい!」と思い始めた方へのガイドですので、ディープなファンの方からすると「まだまだ物足りない」「この順番はおかしい」と思われることがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

以下の文献を順番にさらっていただくと、一応、ドラえもんに一通り詳しい人にはなれる・・・・・・・と思います。あとは、「愛」ですね。

1.単行本を読む

まずは基本のキ。原作を読むことです。ここからすべてがはじまります。

●「てんとう虫コミックス ドラえもん」1~45巻

藤子・F・不二雄先生の自薦集。全45巻。

いろいろな愉しみ方がありますが、「今っぽいドラえもん」から入るほうが、一般的には口当たりがよいと思います。

●「てんとう虫コミックス ドラえもんプラス」1~6巻

単行本に載っていない作品集。「ドラえもん」1~45巻を読んで「もっと読みたい!」と思ったら、ぜひとも読んでおきたいです。

●「てんとう虫コミックス 大長編ドラえもん」 のび太の恐竜~のび太の銀河超特急まで

藤子先生が最後まで関わった作品が「恐竜」から「銀河超特急」までなので、まずはこの作品を抑えておきましょう(絶筆の「ねじまき都市冒険記」はほぼすべてアシスタントの作画であることに留意)。

おすすめは、映画と並行して読むことです。原作と映画の違いがよくわかるだけでなく、藤子先生の「大長編」への思いを感じられるでしょう。

●「藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん1~20巻、大長編ドラえもん1~6巻」

「ドラえもん」を単行本未収録を含めて全部読みたい!と思ったあなたは、この作品を読むことで真のドラえもんマスターとなることができます。

2.まとめ本を読む

「ドラえもん」は様々な「まとめ本」が出ています。版元以外のものもたくさんありますが、まずは版元の代表的なものを挙げておきますので、興味に合わせて気になったものを読んでみましょう。

●ドラえもん世界全体の「謎」に興味がある

ドラえもん世界を知るには、この4冊からはじめてみましょう。

「決定版 ドラえもん大辞典」

「ドラえもん深読みガイド」

「ドラえもん公式調査ファイル てんコミ探偵団」

「ド・ラ・カルト ドラえもん通の本」(小学館文庫)

●ドラえもんに出てくる「道具」に興味がある

「ドラえもん 最新ひみつ道具大辞典」

「オールカラー版 ドラえもんひみつ道具ずかん」

●ドラえもん「映画」に興味がある

「映画ドラえもん 超全集」

●ぜひ、読んでおきたいそのほかの研究本

ここで挙げるのは上記以外の研究本です(版元以外のものも含む)。ドラえもん世界をもっと深く知るのに最適です。

【資料系】

・ 三谷幸弘『最新ドラえもんひみつ百科』(1・2巻)、1999、小学館
・ 『20周年だよ! ドラえもん ザ・ムービー』1999、キネマ旬報社
・ 『ドラえ本』 (Vol.1〜Vol.3)、1997、1998、2000、小学館
・ 『ドラえもん 完全大百科』、1996、小学館
・ 『藤子・F・不二雄の世界』、1997、小学館
・ 『ぼくドラえもん』(Vol.1〜25)、2004・2005、小学館
・ 『もっと!ドラえもん』(Vol1〜5)、2005・2006、小学館

【作品の解釈系】

・ 世田谷ドラえもん研究会『ドラえもんの秘密』、1993、データハウス
・ 米沢嘉博『藤子不二雄論 FとAの方程式』、2002、河出書房新社
・ 横山泰行『ドラえもん学』(PHP新書)、2005、PHP研究所
・ 稲田豊史『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』、2017、PLANETS/第二次惑星開発委員会

【関係者の回想系】

・ 水出弘一『「ドラえもん」と野比家の謎』、1997、コアラブックス
・ 大山のぶ代『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年打ち明け話』、2006、小学館
・ 楠部三吉郎『「ドラえもん」への感謝状』、2014、小学館

3.ドラえもんのうたを聞きながらドラえもんを研究しよう

ドラえもんのうたを聞きながらドラえもん研究。私がよくやることですが、最高にテンションが上がります。おすすめのコンピレーションアルバムを3つどうぞ。

●「藤子・F・不二雄 大全集」

●「映画ドラえもんうたの大全集 DORAEMON THE MOVIE」

●「ドラえもん うたのコレクション」


2021年3月9日公開(2021年3月20日追記1)

↑トップページへ