婚活

↑ホンネ道場のトップ


本当に結婚したくないケースを除き、結婚したい(してもいいかな、も含む)場合、結婚「しない」とか強がっている場合ではなく、結婚するためにできる行動を「今すぐ」とることが重要だ。なぜ「今すぐ」なのかというと、歳を1秒ごとに重ねているからだ。 「築2年のマンションと、築35年の一軒家、どちらが高く売れますか? 」的なことをいうと炎上するが、なんか・・・そういうことだけでなくて、「他人と一緒に生活する」のが結婚なのだから、「他人と一緒に生活しない時間が長くなればなるほど、しんどくなる」というほうが正しいと思う。自分の自由にいるのに慣れすぎると、動くのしんどいのよね。

以下が「したい」(繰り返すが、「したくない」人はそれでよい)人が婚期を逃しがちな5大要因だ。結婚したいのであれば、それを解消すべく動くしかない。
逆に言えば、したくなければ、しなくてよい。これはなんでもそう。選択は自由なのだ。

【1.他責主義者】
「相手が○○すべき」等、常に相手に求めてしまう。「男が支払うべき」「女は従うべき」「お礼は向こうがしてくるべき」・・・思い当たる節があれば、あなたは「他責主義者」だ!
⇒「注文の多い料理店」で誰が好んで食事をしますか?

【2.消極的】
自分から動かない。常に受け身である。これで物事が動くわけがない。「メールが来ない、もう脈がないかな」と自分で脈を消してしまっているのではないか?
⇒一切宣伝をしない新商品が、いきなり売れますか?

【3.プライドが高い】
素直に自己開示ができない。自分を晒せないのであれば、一緒に生活することなど不可能だ。
⇒ブランドもスペックも何もわからない家電を、おいそれと買いますか?

【4.安心感がない】
人を見る目が細かく、厳しい人。あまりにも家庭的でない人。結婚は安心感への投資でもある。
⇒注意書きの貼り紙だらけのアパートを、誰が借りますか?

【5.自己中心的】
常に自分中心で物事を考えてしまう、という悲しい性。相手の都合より自分の都合。
⇒誰が「利益至上主義」を隠さないお店でお買い物をしますか?


↑ホンネ道場のトップ