4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

商売をする以上は、「自分が売りたいもの」と「相手が欲しているもの」との妥協点を見つけていく必要があります。

そんなとき、忘れてはいけないのが、「自分や自分の家族が欲しいと思えるものか」という"生活感覚"なんだと思います。

マーケティングの数字上「だけ」では売れる商品はつくれないし、自慰的な技術開陳「だけ」でも売れる商品はつくれない。必ず、数字と技術の上には「生活感覚」という要素が加わってくるのです。

成熟社会の人々は、「あ、こんな生活体験をしてみたい」「こんなことができたら便利だな」と思うからモノを買うのであって、そういう肌感覚がなくなってしまうと、あっという間に王者であっても座を奪われてしまうことになります。

***

具体的な商品名を出すのは敢えて控えますが、かつては消費者を喜ばせていたのに、生活感覚から乖離してしまい、迷走してしまったいくつかの商品を挙げてみましょう。

たとえば、かつて隆盛を極めた某社の、新型ゲーム機。

鳴り物入りで発売されたものの、消費者の欲しいソフトが一向に揃わず、生活体験を想起させる新機能が1つもなく、ソフトも周辺機器も下位互換性がまったくない、誰が見ても「ユーザーアンフレンドリー」な代物でした。

はっきり書きましょう。これ、どこをどうつついても、「経営の都合」しか見えてこない商品なのです。社員とその家族は全員、家でこの商品を楽んでいるのでしょうか?万が一そうでないのなら、そんなものが売れると思っているのか?と小一時間問い詰めたいくらいです。自分の家族に遊ばせられないものを渡すな、です。

果たしてその結果は火を見るよりも明らかで、この製品はライバル社の製品には大きく水をあけられる結果となっています。「ここまで苦しんで事業を続けなくてもいいのでは?」と素人には思えるほどの惨状には、盛者必衰の理すら感じます。

また、スマートフォンに先鞭をつけた某社の新型携帯電話についても一言。

こちらも、カリスマ不在となって、急激に迷走の兆しが見えています。接続端子を刷新するのはいいのですが、旧型端子を所持している圧倒的大多数の消費者は放置されたままです。それに対するメッセージさえありません。

また、独自開発した地図機能も、「だれか開発段階でストップさせなかったのか」と思うほどのひどい出来です。「ライバル社のソフトウェアを排除する」という経営判断は分かるのですが、ユーザーにとってはそんなこと、知ったこっちゃないのです。

ユーザーの快適な生活体験を犠牲にしてまで、こんな地図機能を導入するとは、ちょっと判断を疑うところです。王者の地位に胡坐をかき、ユーザーの方を向かない商品を堂々と売り出すようになったら、もう「潮目」です。潮目はあっという間に訪れ、地図を塗り替えていきます。

もう1つ例を挙げてみましょう。まもなく発売される、某OSです。

世界的シェアのあるビジネスソフトのデザインが、旧ユーザーを使い捨てるかのように改悪されたのに続き、約17年に渡って使われてきたデザインを刷新した某OS。

冒険はいいのですが、これもまた、あまりにもユーザーの都合を無視した感があります。遠からず、「企業からの押し付け商品」の1つになることは疑いないでしょう。インターフェイスがファーストインプレッションの段階で「使いにくい」と評される場合は、まず間違いなく失敗フラグメントです。

***

「嫌なら見るな」で本当に視聴率を落としたお笑いテレビ局が日本にはありますが、「嫌なら使うな」という傲慢さを、どうしてもこの3商品から感じてしまうのです。誤解のないように申し添えておきますと、私は3つともいい商品とは思うのです。思うのですが、「買いたい商品」ではないのです。

テレビも生活感覚から離れたのでどんどん視聴率を落としているのでしょうが、商品も、間違いなく「生活感覚」から離れれば離れるほど、売れなくなります。

売れれば売れるほど、「これでいいのだ」という自信を企業内に生み、やがてそれが過信となって、「出せば売れる」と勘違いし、やがてユーザーにそっぽを向かれる・・そのパターンまっしぐらです。とくにこの3商品は!

しかし、「出せば売れる」のは、過去の蓄積で食ってきたからです。そんな貯金は、やがて底をつきます。

結局「出せば永遠に売れる」訳がなく、やはり、「いい商品を出さないと売れない」のです。当たり前の話です。

***

生活感覚を持つ上で一番大切なことは、(情報収集という気持ちではなく、ただ純粋に)街を歩くこと。これに尽きると思っています。

生活感覚を感じられない商品をつくってしまう開発者は、果たして街を歩いているのでしょうか。

駅で人の流れを見る。デパートで、高架下で、牛丼屋で、SAで、巨大SCで、地方都市のさびれた商店街で、誰が、どんな思いで生活をしているのか。想像をめぐらしているのでしょうか。そのうちの、どの層の人たちに、あなたの商品を、どのように使ってもらいたいのでしょうか。

売れる商品というのは、開発者だけの自己満足のためにあるのではない。みんなの満足のためにあるのです。売れる商品は、使う人の想像が誰にでもできます。売れない商品は、使う人の想像が誰一人としてできないのです。

イメージ化できないものを無理やり売ろうとすると、某社のように「ステマ」に頼るだけの侘しい商品展開をせざるを得なくなります。ステマに頼るのは、商品開発力低下の成れの果てでしょう。

***

「若者の○○離れ」というのも、本当は「若者の生活感覚をつかんだ商品開発力の低下」にすぎないのです。なんでもかんでも消費者に問題を帰属させる昭和の頭からは、新時代の「生活感覚を惹起させる商品」など生まれてくるわけがないのです。

クルマが売れないのは、都会の若者に「生活の中でのクルマ」が描けないから。だったら、「都会でも車を持とう」と思わせるだけの生活感覚を想定できるような商品を作るしかないのです(ちなみにそのための切り口は「エコ」なんかじゃないんです、きっと。エコはジジババの概念です。昔のツケを今に持ってくる免罪符が「エコ」という害悪語なのであって、若者に罪はそもそもありません。若者の本音を代弁しますと、「エコはシニアで勝手にやってろ。俺らのせいじゃねーし」です。企業の皆さん、若者にエコ商品は押し付けないようにしましょう。この部分を分かっていない人が多すぎです)。

お酒が売れない(※)のも、都会の若者が「生活の中でのお酒」を描けないからなのですね。飲みニケーションが「面倒くさい」と思っている若者、今はどれだけいると思っていますか?せめて自分の部署の若手からその本音すら聞き出せないようでは、「若者に売れる商品」など作れるわけがないのです。

※最近になってハイボールや酎ハイが例外的に復権していますが、それは「生活の中でのハイボール」が生活感覚にフィットしたからでしょう。

* * *

任天堂のWiiしかりアップルのiPodしかり、やはり、「この商品を買うと、生活がこうなる」という「生活感覚」をとらえた商品はどんな時代でも強いのです。

「売れない」の前に、「どうやったら売れるか」。「どうやったら売れるか」というのはつまり、「どうやったらターゲット層の需要を喚起できるか」を探る旅でもあります。

その1つのキーワードが、「生活感覚」の獲得、というわけです。商品開発の部署にこの風土がなければ、絶対に消費者には届きません。


公開:2012年9月23日

じり貧の時にまず行うのが経費削減。

一時的な経費削減で見せかけの利益率は上がっても、その恩恵はたかだか1年。構造改革後の組織には、うすら寒い風が吹いている・・・。

上がったはずの利益は落ちる。その理由が、構造改革時によくある「あれやれ、これやれ」「あれやるな、これやるな」の管理強化。管理強化で社員のやる気と創造性を奪えば、収益漸減は自明の理。

管理強化とはこれすなわち「報告頻度アップ」と「あらゆる行動の数値管理」。つまりは本社の権限強化でしかなく、コストセンターは報告をまとめることだけが仕事になっていく。これではプロフィットセンターたる現場が疲弊していくのは当たり前。利益以前の話になる。

どこのコンサルに騙されたか、経営陣が現場を見ずにラクをしたいだけなのか知らないが、やがて「よい報告をした数」が評価の対象になっていく。畢竟、耳あたりの良い、見せかけの「報告」だけが上に吸収され、経営は判断を誤るのであった。

ますます淀んだ空気に支配される社内・・・

これはまずい、とどこからか営業されて、やってきました「社内SNS」。社内イントラネットを使って社員同志がミュニケーションを取れば、もう安心!とばかりに鳴り物入りで導入するも、現場は忙しいから使っている場合じゃない。結局、本社の仕事を増やしただけなのでありました。

本当に数字を伸ばすなら、この逆をやればよい。


公開:2012年9月10日

ドラえもんマイナス100歳ですね。
このサイトも「ドラえもん」関連でアクセスが伸びている感じです。検索ワードに「のびダス」のコンテンツが引っ掛かりやすい時期かもしれません。

100年後、ドラえもんは誕生しているのでしょうか。
AIBOやASIMOはドラえもんの誕生を予感させるに十分だったのですが、あまり盛り上がっている感がないのが残念です。

10年ひと昔。100年と言ったらすごい時間軸ですから、ドラえもんに期待を込めて、「100年前」の世界をのぞいてみましょう・・・。


100年前(1912年)
明治45年/大正元年

<できごと>

1月
・中華民国政府が樹立
・余部鉄橋が開通(-2010年)
・スコット隊の南極点到達

2月
・清が滅亡する

3月
・ワシントンに3000本の桜の木が贈られる(東京市長尾崎行雄)

4月
・タイタニック号が沈没する

5月
・日本がオリンピックに初参加(ストックホルムオリンピック)

6月
・日本鋼管が設立

7月
・明治天皇崩御、大正に改元

8月
・日本初のタクシー会社が設立

9月
・乃木希典殉死
・早川商会(シャープ)設立

12月
・日本初の警察犬が登場


100年後なんて、わからないですね!

出典:Wikipediaを元に作成


公開:2012年9月6日

1.事実の確認を
2.自分に非のないことは絶対に謝るな
3.キチガイは放っておけ

1.事実の確認を
すべては事実から。推測や希望的観測を廃し、事実に基づいて冷静に事実確認を。
相手がまくしたてているときは、受け手側は敢えて冷静になるのが吉。相手のペースに巻き込まれることなく、初動は常に「事実の確認」から。「お客様センター」のオペレーターに電話がつながりにくいのは、「相手を冷静にさせる」効果を狙ってのもの。

2.自分に非のないことは絶対に謝るな
事実確認をした上で、自分に非のないことは謝ってはいけない。基本的に販売者と顧客の立場は「対等」であり、主従関係にはない。ただ単純に、金銭を仲立ちとしてサービスを授受しているだけなのだから、客はえらくなんてないし、販売者が必要以上にへりくだる必要はない。事実関係もなしにただただ謝るような付き合い方をしていると、相手は「自分がエライ」と勘違いして、ますますつけあがる。

3.キチガイは放っておけ
「伝染る」のは、いわゆる「風邪」などの病気だけはない。精神的な「おかしさ」も伝染するものである。キチガイの相手をまともにすると、自分もおかしくなってくる。これを共依存ともいう。余りにも理不尽なものは、そのまま放っておくのが吉。相手にするからつけあがる。

・・・あれ?
これって、どこかの(自主規制)と同じじゃない・・・


公開:2012年9月2日

こういうタイトルの本があったら、買うなぁ・・。

<本当に仲がよかったら、わざわざ「友好」なんて言わないのだ。

「争いは争いしか生まない」という所謂市民的「正義」をいうならば、売られた喧嘩を買わずに60余年過ごしてきた我が国は、むしろ隣国よりもずっと「大人」で「平和的」ということなのだけれども、「相手がこちらを嫌っている」のに、わざわざ「友好」とこの期に及んで言うのは、マゾヒストとしか言いようがない。

相手の家に勝手に上り込んできた強盗が「お前は侵略者だ」と主張するのは、まさに「盗人猛々しい」の典型で、はなから相手にするものではない。国土を蹂躙されてなお、こちらはつとめて紳士的に「法律で決着をつけよう」と提案しているのに、「そんなもん知らねぇ」と突っぱねている。こうまでされては、こちらにこれ以上できることはない。1つだけできるのは、「無視」することしかない。

親しき仲にも礼儀あり。すなわち、特段親しくなければもっと慇懃にふるまわなければならない。
いついかなるとき、どんな場合でも最低限の礼儀がある。戦時中でもだ。どんなときでも、相手の「大切にしているもの」「宝物」には、絶対に触れてはいけない。どんなときにも「タブー」というものがあるのだ。ましてや今は平時。交戦状態にあるわけでもない相手国の象徴を「汚す」・・・いや、「穢す」ような発言をされて、その国民が黙っているわけがない。過去、実質休戦状態である国、仮想敵国ですらも言ってこなかった「タブー」を犯した、言ってはいけないことを放言した「隣人」。異常である。

交戦状態にあるわけでもない国の代表者の手紙まで読まずに帰すとは、無礼、非礼、何とも言えない違和感がある。

普通の感覚でも、「上陸したことまでは"ふーん"で済ましていたけれど、あの"宝物を汚す"発言で、本当にカチンときた」という日本人は多い。どんなにおとなしい民族でも、一線を越えると燃え上がる。我が国の国民はすでに近代的理性があるから、国旗を燃やして遊んだり、安易に不買運動に走ったり、幼稚なことをすぐにはしないが、内心では想像もつかないほど「怒っている」ことを想像すべきだ。

だてに、世界最長の神官一族を抱く国ではないのだ。これ以上、舐めるな。>

長いタイトルだなぁ・・。


公開:2012年8月26日
4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

アーカイブ