ホーム » 日記 » パルコの巻

パルコの巻

千葉市の人間にとって、「津田沼からが東京」という思いは強い。

実際、総武線(黄色)の本数も、津田沼からは一挙に倍になるのだ。かつては駅の柱に「ノザキのコンビーフ」の広告があって、「こういうところも東京っぽい」とよく思ったものである。

そんな津田沼駅に直結しているパルコが2023年に閉店するという。これには驚いた。

平成末期に閉店した千葉パルコは、千葉市中心部と言いながら駅からは遠く、中心市街地衰退のシンボル的閉店だったが、津田沼パルコは駅とペデストリアンデッキで直結という好立地である。最近は駅の反対側にタワマンや大規模マンション群が林立したので商圏人口も増えたと思ったが・・・それでもキツかったとは・・・

確かに、津田沼からだとららぽーとやイオンモール幕張にもすぐ行けてしまう。そもそも東京にも25分圏内だ。競合だらけということだろう。

このところ千葉県下では、総武線沿線で西武百貨店船橋店、千葉三越、千葉パルコが閉店。常磐線沿線で松戸伊勢丹、柏そごうが閉店。とにかく「1つの駅前に複数店舗の立地」が成立しなくなっていることを物語っている。

ついに、千葉県に残った百貨店は千葉そごう(千葉市)、東武百貨店船橋店(船橋市)、柏高島屋(柏市)の3店舗だけということになってしまった。

千葉県の人口は600万人だから、ざっくりと人口200万人に1店舗でないと、千葉県では百貨店という業態をやっていけない時代になったということである。

かつては百貨店の商圏人口は50万人くらいと言われていたから、実に4倍である。郊外型モールの普及だけでなく、ネットショッピングの影響も大きいだろう。これが今や往時の4倍の商圏を必要としている。

ここへコロナがとどめをさした。これで千葉県からはパルコ自体が消滅することとなる。

ありがとう、津田沼パルコ!

ではまた。