ホーム » IT・ガジェット

IT・ガジェット」カテゴリーアーカイブ

Windows11 の巻

あれほど「最後のWindowsナンバリング」といっていた「Windows10」だが、いよいよ「Windows11」の登場である。まあ、6年もたてば社会環境も何もかも変わって当然だろう。

ホームユースはともかく、影響が甚大なのはビジネス回り。IEが完全に終了する(Edgeに互換モードは搭載される予定)、Teamsと統合など、IT関連の部署の方などは今から導入計画にさぞ頭を抱えていらっしゃることと思う。

いまだにIEでないと動かないシステムがあったり、それこそ20年レベルの古いOSで動かしている基幹システムなんてごまんとある。こういうのの互換性チェック、システム入れ替え、パッチ・・と考えただけで気が遠くなりそうだ。

このサイトも、特に本編は15年選手の昔のソフトを使って編集している箇所もあり、今後どうやって環境を変えていくかは今から思案のしどころだ。わくわく半分、不安半分といった心境である。

まだリリースは先だが、やはり新OSというのはわくわくする。早速、今の環境でWindows11に移行(無料)できるのかをテストしてみた(テストはマイクロソフトのWindows11のページで公開されているチェックアプリから簡単にできる)。

分かってはいたが、やはりこの表示が出ると安心する。

ではまた。

PCはそれなりのものを買うべき、の巻

この「Nicky」は、スマホからもタブレットからもPCからも編集・投稿できるように設定している。

本当はスマホで移動のときに手軽に更新しようと思ってはじめたのだが、結局、一番多用しているのはPCである。座って、落ち着いて文書作成ができるツールはやはりPCなのだと改めて気づかされた。

何度か書いているが、仕事などで「PCが必要」となったとき、PCに詳しくない人ほど安いからとあまりにも低スペックなPCを買ってしまいがちだ。結果、手元にあるスマホやタブレットよりも動作がもたつくものだから、「動かすのが面倒」になって、日々非効率な仕事に甘んじている・・というケースを実際に何度も何度も見聞きしてきた。

もったいない。起動を待つ時間。Chromeの読み込み時間。ただの無駄である。低スペックのPCというのは、実はPCに詳しい御仁が、サブPCとして遊んだり、ちょっとお試しで触るみたいな用途に適しているのだ(私見)。

本来は、PCに詳しくない人ほど、それなりのスペックのPCを選ぶべきなのである。今日日、それなりのスペックのPCであれば、フリーズすることもないし、起動もタブレット並みに速いし、何より文書作成はタッチ入力よりもスムーズである。イライラすることもない。

「それなりのスペック」というのは、CPUであれば「Intel Core i5」ないし「i7」であり(i7のほうが高性能)、メモリは8GB、ストレージは128GBくらいのSSDを搭載したノートPC、ということになる。USB端子が複数、DVDドライブでもあればなおラクチンだ。できればMicrosoft Officeもつけておきたい。こうすると、概ね新品のメーカー品(国産でなくてもあまり変わらないのでこだわる必要はあまりない)で10万円から13万円くらいが相場だろうか。スマホでこれくらいの値段の機種を平気で買う人が、なぜかPCではケチって信じられないくらい低スペックのPCを買ってしまうというケースはきわめて多い。本当にもったいない。

繰り返しになるが、「PCに詳しくない人ほど、それなりのスペックのPCを選ぶべき」だ。SSDならば起動はタブレットに近い(さすがにタブレットほどではないが)レベルで速いものもあるし、何よりも、とにかく「画面入力」では得られないキーボードの入力感が違う。

・・といってもほとんどは、安いPCを買ってしまうだろうね。スマホに慣れた現代人にとって、「低スペック」がどれだけイライラするものかわからずに・・・。「作業のための道具だからそれなりの投資はしておくべきだ」という考えは、現実のお金の前には霞んでしまう。それだけ日本の可処分所得は落ち込んでいるということだ。

ではまた。

おすすめガジェット大会 2021 Summer の巻

色々なガジェットをいじってみて、あくまでも「普通の人が普通に使う」ときにどの機種を買うのがコストパフォーマンスにおいて最適かをまとめてみた。思い切り私見の2021年夏版「おすすめガジェット大会」である。

■スマホ部門
iPhone SE 2 (2020)
(理由)
・このマスク社会において、「指紋認証」が使えるiPhoneであること
・ホームボタンがあるので、操作がしやすいこと
・iPhone8とサイズが同じなので、アクセサリが豊富なこと
・iPhone11と同じA13チップ搭載で高性能なのに安価であること
・動作が安定していること
・防水、FeliCa機能もある

(ここが気になる場合は他も検討)
・そもそもLightning端子である
・イヤホンジャックがないので、イヤホンはワイヤレスか変換アダプタが必要
・顔認証機能はなし
・デザインは1世代前でやや古い
・画面も小さめ

■タブレット部門
iPad(第8世代)
(理由)
・iPhone X系統と同じA12チップ搭載で高性能なのに安価であること
・ホームボタンがあるので、操作がしやすいこと
・価格比で安価。動作も安定しており入門用にも最適であること

(ここが気になる場合は他も検討)
・Lightning端子である
・デザインは1世代前で古く感じる
・画面も小さめ

■ノートPC部門
※メーカーというより、以下のスペックのものとする
・OS:Windows10 Home
(理由:圧倒的シェア。いい意味でも悪い意味でも標準化が進んでいるので、ホームユースであれば無難な選択)
・メモリ:8GB
(理由:安いノートPCを買って一番キツいのが「遅いこと」。スマホやタブレットに慣れてしまうと、デスクトップが表示されてPCが表示されるまでの数十秒がとんでもなく長く感じてしまう。Windowsアップデートの時などは特に「速いパソコン」の重要性を感じることになる。「安物買いの銭失い」にならないよう、最低でも8GBのメモリ搭載モデルを選んでおきたい)
・ストレージ:SSD
(理由:容量は外付けでどうとでもなるので256GBもあればホームユースには十分だが、安いモデルはHDDだったりする。起動は圧倒的にSSDが速く、一度でもその速さを知ってしまうと、とてもHDDには戻れない。ここもケチらず1、2万円程度の値段差ならば躊躇なくSSD搭載モデルを購入すべきだろう)
・CPU:Intel Core i7搭載モデル
(理由:Core i7搭載モデルであれば、体感速度において基本的に失敗はない。ホームユースでもたつきを感じるような廉価なPCはごろごろしているが、処理待ちに時間をかけるほど無駄なことはない。ここもケチらずに数万円程度の値段差ならばCore i7(相当以上)のCPU搭載モデルを購入すべきである)
・ドライブ:DVDドライブ搭載モデル
(理由:これは好みが分かれるところだろう。外付けDVDドライブでも十分なのだが、実際に使う時に抜き差しするのは結構面倒である。今やほとんどのソフトはDL形式なので、使うこともほとんどないが、それでもちょっとしたときにCDを取り込んだり、ちょっとDVDを確認したり・・ということはある。この「ちょっとしたとき」にDVDドライブ搭載モデルだと面倒が少ないのだ。ただし、ストリーミング再生全盛のこの時代に、BDまでは求めなくてよいとも思う。これは完全に「趣味」の領域になってしまう)
・付属ソフト:Microsoft Officeライセンスモデル
(理由:多くの会社は文書作成にWord、表計算にExcel、プレゼンにPowerPointを使っている。書類作成は明らかに Officeシリーズに一日の長があり、いくら互換性のあるソフトウェアを使ったところで、「Wordの文書そのもの」にはならないのだ。これも変にケチるよりは、しっかり投資した方が後で楽になる)

上記のスペックで、おおよそ10万円から13万円台までであれば「買い」だろう。ポイントは「変にケチらないこと」・・これに尽きる。

別にメモリ16GBのハイスペックゲーミングノートPCを買いましょう、などと言っているわけではない。「ある程度上位の機種を買っておいた方が、結局はラクになる」と言っている。

私の知るある人は、初期投資をケチってメモリ4GB、CPUも低スペックな激安ノートPCを買って(当然 Officeもついていない)新しく仕事をはじめたものの、とにかく文書作成ソフトを立ち上げるだけで時間がかかってしまうことが日常化していて、かなり難儀していた(確かそのあと新しいPCを買ったんじゃなかったかな)。結局高くついたのである。

繰り返すが、「最上位機種」を買う必要もないが、かといってわざわざ「廉価版」を買って生産性を落とすこともないのである。

ではまた。

インターネットを高速化した話、の巻

J-PHONEから数えて20余年お世話になったソフトバンクの携帯をMNPして、そのままになっていたことがあった。家庭のネット回線が「ソフトバンク光」だったのだ。このままではオプションの割引がきかなくなり、月1000円くらいの出費増になる。

ちょうどネット回線の解約月だったのでそのまま光回線もどこかに乗り換えようかと思ったのだが、他社は他社で3年縛りだったり色々と面倒なので、今回は断念することにした。

ソフトバンクの携帯に加入していると、ネットをIPv6で接続できる「光BBユニット」と、ユニットをWi-Fiルーターとして使用できる「Wi-Fiマルチパック」、そしてIP電話の「BBフォン」がセットで550円(税込)になる。

しかし、ソフトバンクの携帯を解約すると同時に、これらのオプションはそれぞれにお金がかかるようになり、単純にBBユニット513円、Wi-Fiマルチパック1089円、BBフォン0円、計1602円がかかるようになってしまう。

「光BBユニット」は致し方ないとして、Wi-Fi機能を使うためだけに月1000円も払う必要もないので、これを機に「Wi-Fiマルチパック」と「BBフォン」だけ解約することにした(Wi-Fiを使うためには他社のWi-Fiルーターが必要)。

ここからは、「ソフトバンク光」で「Wi-Fiマルチパック」を解約し、「光BBユニット」を介して新しい「Wi-Fiルーター」でWi-Fiをつなぐまでの記録を書いていく。

■まずはWi-Fiルーターを購入

■Wi-Fiルーターが届いたら、いよいよ設定を開始する
(0)まずは、光BBユニット→NTTのONUの順番に一度電源を落とす。
(1)NTTのONU→光BBユニットはそのままつないでおく
(2)光BBユニットの「パソコン1」の端子と、Wi-Fiルーターの「インターネット」の端子をイーサネットケーブル(通信ケーブル)でつなぐ
(3)Wi-Fiルーターの物理スイッチを、RT(ルーター)ではなく、AP(アクセスポイント)またはBR(ブリッジモード)に切り替える。これをしないと二重ルーター状態になって接続ができなくなる可能性もある。「ソフトバンク光が急に遅くなった」原因が、ここでの設定ミスというのはよくあることのようなので、この手順は飛ばさないように留意したい。
(4)NTTのONU→光BBユニット→新Wi-Fiルーターの順に電源を入れる。
(5)必要に応じて、新Wi-Fiルーターの初期設定を行う(私の機種の場合は数十秒ほどで自動設定が完了)。
(6)手元のスマホなどから、初期値のSSIDとパスワードを使って、新Wi-Fiルーターでネットにつながるか確認する。

問題なくつながれば、次の手順へ進む。続いて、これがまた重要なのだが、

■これまでのSSIDとパスワードを引き継ぐため、今まで使っていたSSIDとパスワードを、Wi-Fiルーターに割り当てる
今はどの家庭でも、ものすごい量の機器がWi-Fiでつながっていると思う。Wi-Fiルーターを交換するたびにデフォルトのSSIDやパスワードを設定しているのでは、大変なことになる。

例えば今、家の中でWi-Fiにつながっているガジェットをざっと見まわしただけでも、

  1. スマホ(Pixel5)
  2. スマホ(AQUOS Sense 4)
  3. スマホ(iPhone6)
  4. スマホ(iPhone8)
  5. スマホ(iPhone SE2)
  6. タブレット(iPad mini 4)
  7. タブレット(iPad Air 4)
  8. タブレット(Amazon Fire7)
  9. PC(Lenovo)
  10. PC(Microsoft surface)
  11. PC(Fujitsu FMV LIFEBOOK)
  12. PC(TOSHIBA Dynabook)
  13. PC(Fujitsu FMV)
  14. PC(TOSHIBA Dynabook)
  15. ゲーム機(Nintendo 3DS LL)
  16. ゲーム機(Nintendo Switch初代)
  17. ゲーム機(Nintendo Switch Lite)
  18. ゲーム機(Wii U)
  19. アクセサリ(Amazon Fire Stick)

・・・と、スマホ5台、タブレット3台、PC6台、ゲーム機4台、アクセサリ1台、計19台もあった。これらの設定を全部替えるのはいくらなんでも大変すぎる。

そこで、購入したWi-Fiルーターの会社のウェブサイトなどを参考に、ルーターの設定画面に入り、SSIDとパスワードを「現在使っているもの」に変更するのだ。もし、5Ghz帯と2.4Ghz帯両方の設定ができるのであれば、両方設定してしまうとよい(それはそれで問題があるという説もあるが、ホームユースであれば問題はないと判断)。

すると、今までと変わらずに(ガジェット側の設定は不要で)そのままWi-Fiを使うことができる。これは非常に便利なので、ぜひ実行したい。
設定を変更したら、これまでと変わらずにネットにつながるかどうかを手元のスマホなどで確認しておく。

無事につながればこれで終了・・・といきたいところだが、このままでは「光BBユニット」のWi-Fiで電波がつながっているのか、「Wi-Fiルーター」でつながっているのかが実は分からない。実際はBBユニットの電波とWi-Fiルーターの電波が併存していても、理論上は「ネットがつかえない」ことはないのだけれども、機器間で干渉が起こるなど、接続が不安定になる可能性もある。ここではじめて「光BBユニット」から「Wi-Fi機能」を奪う手順に進むのだ。これで光BBユニットのWi-Fiを使う必要はなくなるので、「Wi-Fiマルチパック」の解約が可能となる。

■「光BBユニット」のWi-Fi機能を停止する
基本的には本体の物理ボタン(「機能」ボタン)の長押しでOK。設定画面からも可能。詳しくは、ソフトバンク光の公式サイトの記載を確認する(いずれにしても、1分とかからない簡単な作業である)。

「光BBユニット」のWi-Fi機能を無効化したら、引き続き、同じSSIDとパスワードでネットにつながるかどうかをもう一度手元のスマホで確認しておく。これで問題なくつながれば、いよいよ「Wi-Fiマルチパック」の解約である。

■最後に、「Wi-Fiマルチパック」を解約する
「ソフトバンク光」版のマイソフトバンクから、オプションの変更へ進む。特に引き留めもなく、電話も不要で、基本的に数クリックで解約が可能。なお、翌日には解約される(料金は当月分全額)。

■スピードはほぼ「倍」以上に
住んでいるマンションが築20年くらいなので、残念ながら「マンションタイプ」(ハイスピードではないので最大で100Mbps)の契約をしている我が家。Wi-Fiも、「2.4Ghz帯」しかないタイプの「BBユニット」だったので、回線速度(下り)は光だというのに24~30Mbpsくらいであった。

もっとも一般的に、

  • テキストベースのWebサイトの閲覧が「1Mbps」
  • オンライン会議や720p(HD)のYoutube視聴が「3Mbps」
  • 1080p(FHD)のYouTube視聴が「5Mbps」
  • 4K動画の視聴が「25Mbps」

と言われているので、これでも動画を見るのには十分で、特に不満があったわけではないのだが。

ただ今回は「5Ghz」「2.4Ghz」双方に対応し、それなりに新しくて速い(さすがに元回線が100Mbpsなので1Gbps対応とはいえWi-Fi6ではないが)のWi-Fiルーターを購入したので、一気に64Mbpsくらいまで出るようになった。ほぼ倍である。

買ったばかりのiPad Airで試してみると、もともと表示の速いWebサイトが、明らかにさらに表示が速くなった印象を受けた。プラシーボ効果かもしれないが、これは本当に速い(実はキャッシュのおかげなだけかもしれないが)。

もともと、Windows95の「テレホタイム」からインターネットに入ったクチである。あの頃はADSLになっただけでその爆速ぶりに驚いていたので、本当に隔世の感が強い。

これがもし、「ハイスピード」とか「ギガスピード」とかだったらどうなってしまうのだろう。マジでDLとか一瞬なんでしょうね。いいなぁ。

以上、インターネットを高速化した話でした。最近の格安携帯ブームで、「ソフトバンクを解約したけど、そういえば光のオプション料金が爆上げしてヤバい。どうしよう」的な人っていらっしゃると思うので、参考にいただけたら(特に検索で来られた方!)嬉しいです。

ではまた。

iPad Air4を買った!すごい!の巻

自分の心を落ち着けるために、突然iPad Air4を買ったことを数日前に書いた。

数年ぶりにiPadシリーズを買ったが、これすごいねぇ。
まずはとにかく速い。起動も速ければ動作もサクサク。おまけに処理落ちしてもフリーズしない(何回か書いているが、Pixel5は1日に何度もフリーズする。Window95や98時代のブルースクリーン大会を思い出すレベルだ。それはそれで愛着もわくのだが)。とにかくこの安定性はさすがだ。

あと、設定がとにかくラク。iPhone→Androidも今やケーブル1本なのでラクなことに驚いたが、iPadについてはiPhoneを近づけるだけで設定できちゃうんだものなぁ。これには驚いた。

調子に乗って、「Apple Pencil」と「Air Pods」、そしてキーボード、マウス(これらはさすがにサードパーティー製)まで買ってしまった。

そうしたら、ほとんどノートパソコンのようになってしまった。

iPadのキーボード、思った以上に便利である。これはケースにもなるトラックパッドつきのタイプ。キーピッチも広く、打ち心地もよい。Windowsに慣れていると、「かな/英字変換」だけ戸惑うが、まあ許容範囲かな。

また、bluetoothのマウスもいい感じである。スクロールの向きがWindowsと真逆なので最初は焦ったが、これは設定画面を開き、「一般」>「トラックパッドとマウス」>「ナチュラルなスクロール」OFFでOK。

ボタンを各種機能に割り当てられるのもよい。例えば「ホイール押し込み」でホームボタン、第4ボタンは「使用中のアプリを表示」させるなどである。これもよい。設定画面の「アクセシビリティ」>「タッチ」>「Assistive Touch」をON、その後、「デバイス」>「追加のボタンをカスタマイズ」→カスタマイズしたいボタンをクリック→設定。

スクロール量がWindows PCと比べてデフォルトでは少ないので、これも設定画面の「一般」>「アクセシビリティ」>「ポインタコントロール」→「スクロールの速さ」で調整できる。

もちろん、Windows PCと比べて操作性が異なる部分も多々あるものの、十分でしょう。そういえば「ライブ変換」という自動入力機能もある。この文章もiPadで作成してみているが、うん、たしかに便利である。

ではまた。