お気に入りの小物紹介コーナー

唐突ですが、今回はお気に入りの小物紹介コーナーです。収益化せず勝手に紹介です(広告ではありません)。

■セリアの「鍵かけ」。シンプルで使いやすいのでとても気に入っています。右が十何年か前に買ったもの、左が最近リピート買いしたもの。デザインは変わらず。左側はプラスチックの変色が目立ちますが、壊れることもなく現役です。

■こちらは、最近会社のカバンかけが欲しくて買った、同じくセリアの「S字フック」。中が金属なので耐荷重が8kgくらいあって(うろ覚え)、かといって表面素材にはクッションを使っているのでひっかけるものを傷めない。色も落ち着いていてかなりよいです。「こういうのでいいんだよ」というグッズの典型です。相当気に入っています。

■3Mのテープ。まず、平板に巻き付けてあるのでかさばりません。軽くて薄いのでポケットにも入ります。ちょっとした作業のときに重宝しますし、保存も場所を選びません。

そして何よりこのテープ、手で切れます。これが大きいですね。数百円しますが、ちょっと貼りたいものがあるときにこれ以上便利なものはないのでは?

動画見ない生活 経過報告

テレビを売り払い、Youtubeはじめ動画も見ない生活をはじめて1週間。びっくりするほど生活に何の変化もありません。

ただ、妙に脳の「お片付けスイッチ」が入ってしまい、スマホアプリは半分くらい整理、ブックマークに至っては90%超を削除するなど極端な「デジタル断捨離ブーム」が訪れています。一種の躁状態なのでしょうか。

これでリバウンドがきたら悲惨ですね・・・。

動画疲れの話

■”チャンネル登録を全部解除した話■

 テレビを売って静かな部屋でふと気づいたことは、YouTubeにも「飽きた」ということです。フィルターバブルに包まれて同じような動画を繰り返し見たら(それも、2倍速やショートで)、それはいつか飽きるのも必定、ということですね。

 少し前に、Youtubeで登録していたチャンネルを大幅に整理した(100以上→10未満)のですが、この機会に「全部」解除しました。すでにFacebookTwitterはほとんど開かなくなりましたが、ここにYoutubeも仲間入りです。

テレビを売り、Youtubeも見ない。

斯様にとにかく「動画」に急速に冷めてしまったのですが、その一因として、結局視聴者は「養分」でしかないと気づいたということも大きいですね。

「再生数がカネになる」ということは、「人の時間を薄く広くカネに換えて収奪している」ということです。無料で見ているようでいて、こちらが無償で捧げているようなものです。

極端なことを言えば<どうして自分の時間を、他人の金持ち自慢に充てられないといけないの?>という純粋な疑問から逃れられなくなってしまったのです。嗚呼・・・

私がこう放言できるのも、このサイトには広告を掲載していないから、です。1円でも収益化していたら、こうはいきません。