セレブ弁当の巻

超高級弁当をいただく機会があった。なんと、1個5000円である。下手すると昼飯1週間分だ。

なんか、たんすみたいになってるー!

もうね、KO・U・FUN・☆ である。

ここはYouTuberみたいに開封レビューをせねばなるまい。

まずは上段。

デザートだけで6種類もある(水餅、杏、干し柿、葡萄、キウイ、グレープフルーツ)。

続いて中段。

見たことないデザインの海老フライキターー!!

そして下段。

炊き込みご飯かと思ったら、まさかの寿司!!本物の蟹寿司まであるぞーーーーー!!!

・・・味つけもちょうどよく、量もちょうどよい感じ。幸せを噛み締めながら食することができました。ありがとうございます。

これでちゃーんと、夜にはお腹がペッコぺコになるのが不思議ですよね。

ではまた。

世代の巻

マフラーの季節だ。髪の毛にマフラーを乗せて髪の毛をとかす仕草をして「ティモテごっこ」をする季節ですね! >挨拶

・・・これがもう、びっくりするくらい若い人たちに全然通じないのよね。

白人金髪の女性が「ティモテ、ティモテ・・・」といいながら髪をとかすシャンプー、ティモテ。あのCMのイメージは強烈で、いまだにシャンプーを見るたびに「ティモテ」を思い出す。


あと、みんなで力を合わせるときの例えで、「ほら、パーマンも手をつなぐと倍のスピードが出るでしょう。あのイメージ」とか言うわけですよ。ただ「協働が大事だよ」とかいうより、「パーマンのイメージ」とかのほうが柔らかく伝わりやすいかな、と気遣っているつもりなのよ!

・・・これまたもう、マジでびっくりするくらい若い人たちがまったくピンときてなくて、愛想で「あ、はい・・」とかなってるのよね。どこで試しても必ず。気を遣わせちまったどうしよう的な空気になるの!

そうか、パーマン通じないか・・・。

こういう例え話から齢って感じてくるのでしょうね。

ではまた。

ポエムの巻

なんでもないことに

価値をつけて売る

そんな毎日に疲れても

だいじょうぶ

そんなもんだから。


ではまた。

新キャラの巻

新キャラを思いついた。「くだものメン」だ。

まずはりんごマン。

次になしマン。

そして、ばななマン。

みかんマン。

そして、きういマン。

うん。実にそれっぽいではないか。LINEスタンプなんかにしたら売れるかなぁ(冗談

ではまた。

18周年の巻

今日は「鬱色時代」開設から18年。来年には「18歳成年制」になるわけだから、このサイトもようやく大人の仲間入りというところである。

当時はブログはもちろん、YouTubeもTwitterもFacebookもInstagramもLINEもなかった。よく考えるとスマホもなかったので(iPhoneは2007年)、デジカメで写真を撮って、SDカードでパソコンに取り込んで、編集して、アップロードして・・という作業を延々とやっていたのを思い出す。

最初は「りんごマーチ」というやばい曲をアップするところからはじまって。徐々に今のページの形ができてきて。そんな中、最初に(今風に言えば)バズったのが「のび太が百点取ったテストを再現してみた」である。

ここからドラえもんネタ中心にアクセス数が激増し、だんだんと定期的に見てくださる方も増え、検索サイトにも引っ掛かるようになって・・

・・・という流れでかれこれ18年。これからもがんばりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

昨年末から思いつきではじめたこの日記も、思いの外毎日更新ができているので、是非ご支援くださいませ。他のコーナー含め、18年目以降もしっかり更新を続けていきたいと思っています!

■おまけ:2003年の出来事

1月:横綱・貴乃花が引退、大関・朝青龍が横綱に昇格、中島みゆき「地上の星」が発売から2年6ヶ月でオリコン1位を獲得(前年末の紅白歌合戦の影響)

2月:スペースシャトルコロンビア号空中分解事故、大邱地下鉄放火事件(韓国)

3月:徳川家康による江戸開府400周年、台場に「大江戸温泉物語」開業、新型肺炎SARSの流行が始まる、大和銀行とあさひ銀行が合併して「りそな銀行」に、森山直太朗「さくら」、SMAP「世界に一つだけの花」がシングルカットされダブルミリオンヒット、木村拓哉主演のドラマTBS日曜劇場「GOOD LUCK!」放映開始(平均視聴率30%)、アカデミー賞で宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が最優秀長編アニメ映画賞を受賞

4月:ヒトゲノムの解読完了、iTunesのミュージックストアがローンチ、日本郵政公社が発足、さいたま市が政令指定都市に、スクウェア・エニックスが発足、六本木ヒルズが開業

5月:小惑星探査機「はやぶさ」打ち上げ成功、個人情報保護法の成立、三浦雄一郎がエベレスト世界最高齢登頂ギネス記録(70歳7ヶ月)を樹立

6月:韓国の盧武鉉大統領が国賓として来日、戦後初めて有事法制が整備される、スーパーフリー事件

7月:食糧庁が廃止、ファミコン発売20周年、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ」の封切り(邦画興収1位に)、北島康介が世界水泳選手権(平泳ぎ100m)で世界新記録樹立、宮城県北部地震

8月:北アメリカで大停電、関東地方の梅雨明けが8月にずれ込み10年ぶりの冷夏、沖縄で戦後初の鉄道である「ゆいレール」が開業、住基カードの発行開始、久米宏が「ニュースステーション」引退を表明

9月:JAXAが発足、中国が初の有人宇宙船「神舟5号」の打ち上げに成功、国会議事堂に落雷、阪神が18年ぶりにセリーグ優勝、名古屋で立てこもり放火事件、北野武監督「座頭市」がヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞、東海道新幹線で100系が引退、北海道釧路沖地震

10月:東海道新幹線品川駅が開業、Jフォンがボーダフォンに変更、日本産トキが絶滅、視聴率買収事件

11月:関西圏でICOCAのサービス開始、衆議院議員選挙、第2次小泉内閣発足、横綱・武蔵丸が引退、イラク日本人外交官射殺事件、足利銀行が経営破綻

12月:米軍がフセイン大統領を拘束、地デジ放送が三大都市圏で開始される、アジアで鳥インフルエンザ問題が顕在化、大塚愛「さくらんぼ」

当時の流行語:「なんでだろう」(テツandトモ)、毒まんじゅう(野中広務)、マニフェスト、年収300万円(森永卓郎)、『バカの壁』(養老孟司)、「へぇ」(トリビアの泉)、「ビフォーアフター」(「大改造!!劇的ビフォーアフター」)

今に通じているものもあれば、すっかり昔の出来事というのもありますね。

ではまた。